面白く生きるって なかなか…

2012.03.27 Tuesday

0
    去年の6月末、「被災して何も無くなったけど、やれることからやろう」ということで、中古の軽自動車に仕入れなおした若干の婦人衣料商品を積み、あちこちの仮設住宅の駐車場にお邪魔しての青空外販を始めました。
    女房とふたり、暑い日も、寒い日も、風雨さえ強くなければ、営業。
    仮設住宅や旧来のお客様方の笑顔に支えられ、若干姿を変えながらも、それは今日まで続いています。
     
    営業している場所には、壁も屋根もありません。
    強い風雨が続く日々、零下の風雪が続く日々は 営業が出来ません。
    それは収入のない日が続くということ。正直、精神的にも辛い日々です。

    それでも今年2月末からは、毎週木曜日午前10時〜午後4時まで、気仙沼市の五右衛門ケ原野球場仮設住宅脇にあるトレーラーハウス内で営業させていただけることになり、屋根無し、根無し草状態から一歩前進できました。ほんと感謝です。
     
    いつか、こんな日々の辛さすら 笑って話せる日が来ると信じて、今日も歩みを続けています。

    では、行ってきます。
    (´∀`)/
     


    2011年7月夏の外販風景。とても暑い日でした。
    2011年7月夏の外販風景。とても暑い日でした


    2012年2月の外販風景。足元には残雪。雪も降ってきました
    2012年2月の外販風景。足元には残雪。雪も降ってきました。
     

    スポンサーサイト

    2019.03.28 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      行ってらっしゃ〜い(^o^)/~
      • by magma
      • 2012/03/28 8:45 PM
      magmaさん、ありがとうございま〜す♪

      昨日は吹雪でたいへんでしたぁ
      A(´∀`;

      • by 店長S
      • 2012/03/28 10:01 PM
      ちょっと前の雪で仮設住宅の駐車場脇の
      大木の枝が折れて知人の車に落下、廃車
      の憂き目に。踏んだり蹴ったりです(T-T)
      • by magma
      • 2012/03/31 11:13 PM
      上記の仮設に行ったら「こないだマルコウさんが来たらしいんだけど気がつかなくて、後で聞いて残念だった」と。なんかテーマソングを流してアピールされてみてはどうですか(^_^)
      • by magma
      • 2012/05/05 1:26 AM
      レスが遅れてすみません

      >廃車

      あの仮設は森の中ですものねぇ…
      A(´∀`;

      >テーマソング

      アドバイス ありがとうございます。

      これまで 騒音のご迷惑を考えて 
      一軒一軒お声がけしております。

      でも、よく考えてみると

      玄関から声がけされる方が
      迷惑なのかもしれませんねぇ…
      A(´∀`;

      magmaさんのオリジナル曲など いただければ…
      (^^;ゼヒ

      • by 店長S
      • 2012/09/19 11:11 PM
      やっぱ生音でしょ(^^
      ソプラノがいいかな♪
      • by magma
      • 2012/09/23 8:51 PM
      昨日お邪魔して、歌なんか歌っちゃった堀です。陸前高田へ着いてみて、キャピタルホテルも、市庁舎も、マイヤも、もちろん市民会館もなくなって、何もなくなってしまったことにショックを受けました。祈りの場所がないんだもの。道の駅だけは、保存するとの話を聞いて、ちょとうれしかったけれど。第18共徳丸も解体の方向だし。今朝の朝日では、高田は最高10メートルのかさ上げを2018年までにすると出ていましたが、そんなかさ上げ可能なのかな。気仙沼は2017年以降に完成予定で3メートルと出ていましたよ。またお邪魔しますね。
      • by 堀泰雄
      • 2013/04/04 5:47 PM
      先日は、ご来店ありがとうございました。
      すばらしい歌声と 堀様の歌詞に たいへん感動いたしました。

      陸前高田は 本当になにも無くなってしまった町ですね。
      同じ被災地の気仙沼から行っても、呆然とたたずんでしまうほどです。
       
      この地に住み続けるために、かさ上げは 確かに必要なことですが、10m高となると、地盤改良の先端技術を使ってもたいへんでしょうね。
       
      変わっていく被災地の姿を、これからもどうか見守っていてくださいね。
      次回は コーヒー付のサービスで お待ちしております。
      ありがとうございました。
      (^^)
      • by 店長S
      • 2013/04/04 10:16 PM
      先日訪問したホリヤスオです。「がんばろう、俺!」をエスペラント語に翻訳して、世界のエスペラントメーリングリストにながしたら、ブラジルの人から「感動した」という返事がきました。もう世界では、震災の話は、原発のことさえ、ほとんど報道されていないようです。ですから、私が定期的に流している情報は、特に反原発の人々には、よく読まれ、転送されたりしているようです。
       これから一週間の予定で、イスラエルで開かれる第7回アジアエスペラント大会に参加してきます。「がんばろう俺!」をコピーしていって、向こうで読もう。ではまた。
      • by 堀泰雄
      • 2013/04/17 2:52 PM
      堀さん、ありがとうございます。
      なんと!
      「がんばろう 俺!宣言」をエスペラント語に翻訳して、メーリングリストで流していただいたんですね。
       
      (◎u◎)スゴイ♪
       
      ブラシルの方に共感していたたけたなんて 夢のようです。
      本当に ありがとうございます。
       
      震災の話しは 世界にとって もう過去の話題なのですね。残念です。
      が、過去の自分を振り返ってみれば、
      2年も前の他国の災害のことに関心を持ち続けていなかったと思います。
      災害とは、被災とは、こういうことなんだと、わが身になってみなれば 解らないものなんですね。
       
      いまごろはイスラエルでしょうか。
      お体に気をつけて、がんばってきてください。
      (´∀`)/
       

      • by 店長S
      • 2013/04/19 12:22 PM
      イスラエルから帰りました。アジア大会の分科会で震災の話をして、おもに震災だけの中で頑張っている人の例として、マルコウさんの例を挙げて「がんばろう、俺!」を読み、福島の例として「フクシマで生きること」を読み、最後に例の歌を歌いました。イスラエルのおばちゃんが「感動した!」と言って私のエスペラントで書いた震災の本を買ってくれました。本は3冊売れたから、ほかにも口にはださないけれど、感動した人が多かったのだと思います。
       6月にはフランスに講演に行くので、またこの3セットで感動させようと思っています。頑張っている人を助けたい、と皆思っていて、頑張っている人に感動するのですね。では、また。ほりやすお
      • by 堀泰雄
      • 2013/04/27 8:44 PM
      ナウシカは白いメーヴェで風を切る

      ここには、高い煙突もない
      ここには、高いビルもない
      だから自由に飛べそうだ。

      ウミネコが池に憩い
      緑の草が風になびく
      でも本当の風はない。

      だってここには愛がない、
      団らんもなく笑顔もない、
      だから楽しい風もない。

      でも建てないで巨大堤防
      やめてください巨大かさ上げ
      そこには邪悪な風が吹く。

      核戦争後の腐海の底にも
      チコの実からの芽吹きがあった
      絶望するな、希望は生まれる。

      陸前高田の津波の地にも
      松の芽吹きがあるだろう
      希望の芽吹きがあるだろう。

      10万本の松を植えよう
      白砂続く浜を造ろう
      風がきらきら光るだろう。

      見上げてごらん、ナウシカが
      白いメーヴェで風を切る
      きっと生まれる、そんな故郷。


      *昔、風の谷のナウシカという映画がありましたね。ナウシカはメーヴェというグライダーに乗っていました。エスペラントでメーヴォはカモメのことなので、たぶんカモメという意味でしょう。映画のエンディングマークが出て、もう全部終わったかと思う時に、チコという木の芽が腐海の底に芽生えていました。宮崎監督は、核戦争で地球が崩壊したような状況でも、希望は生まれる、と言いたかったのではないでしょうか。陸前高田の何もない風景を見たとき腐海を思い出しました。それで上のような詩を作ってみました。
      陸前高田では、松の苗木を植え始めていますね。本当の風が吹くような町が生まれることを本当に願っています。
      • by ほりやすお
      • 2013/04/27 9:22 PM
      ナウシカが風を操る故郷に

      ここには、高い煙突もない。
      ここには、高いビルもない。
      だから自由に風が吹く。

      だけどここには愛がない、
      団らんもなく笑顔もない、
      だから楽しい風もない。

      もとの田んぼが池になり、
      稲の代わりにガマの穂が、
      だから悲しい風が吹く。

      住めるようにと無理やりに、
      巨大堤防、巨大かさ上げ、
      それでは歪んだ風が吹く。

      核戦争後の腐海の底に、
      小さな芽吹き、チコの実の、
      緑の風が生まれてた。

      陸前高田の津波の地にも、
      松の芽吹きがあるだろう、
      希望の風が吹くだろう。

      10万本の松を植えよう、
      白砂続く浜をつくろう、
      そしたら風が光るだろう。

      生まれるよ、そんな故郷(ふるさと)。
      見上げてごらん、ナウシカが、
      白いメーヴェで風を切る。

      吹くよ、にこにこ笑みの風。
      吹くよ、ふんわり愛の風。
      吹くよ、きらきら光る風。

      *メーヴェはナウシカが乗っていたグライダー。エスペラントで、カモメはメーヴォ(mevo)というから、たぶんカモメのイメージなのだろう。


      作り変えてみました。ほり
      • by ほりやすお
      • 2013/04/29 11:32 AM
      レスが遅れてしまい、申し訳ありません。

      ほりさん、すばらしい詩を ありがとうございます。
       
      どんな部分に感動していただけたのかは解りませんが、イスラエルでも 共感を呼んだというのは すばしいことですね。
      とても嬉しいです。
      (^^)
      6月のフランスでも よろしくお願いいたします。
       
      ナウシカの世界に 陸前高田を絡めて
       自然回帰、文明批判にするとは、なんだか不思議で面白い発想ですね。
      松、浜、風から メーヴェへと広がり、美しい後味の詩になっています。
      さすが 堀さんですね。
      メロディーが聴こえてきそうです♪
      (^^)
       
      あのメーヴェがカモメと言われて、なるほど と納得してしまいました。
       
      また よろしくお願いいたします。
      (´∀`)/
       
      • by 店長S
      • 2013/05/06 3:20 PM
      8月27日(火曜日)午後、または28日午前中、お店を訪問します。定休日は何曜日ですか。再会を楽しみにしています。
      • by ほりやすお
      • 2013/08/25 8:55 AM
      堀さん、書き込みに加え、わざわざお電話までいたたき ありがとうございます。
      m(´∀`)m

      定休日は いまのところ日曜日となっております。
      不定休ですので、日曜でも 午後から営業してることがあります。

      平日でも たまに市内の仮設住宅へ出張販売に出ていることも…

      わかりにくいですね…(´o`;

      ともあれ
      お会いできることを楽しみに
      お待ちしております♪
      (´∀`)/
       
       
      • by 店長S
      • 2013/08/26 12:34 PM
      斉藤さん
       げんきですか。ブログも全然更新されていないので、心配だなあ。奥さんも元気ですか。

       前に買ってあった、下の本を読みました。斉藤さんと同級くらいではないですか。漁港としての気仙沼の歴史が前半に書いてあって、後半には、自分と気仙沼のかかわりが書かれています。しみじみとしました。気仙沼には、何回もいっているので、書かれていることがよくわかり、余計に感動しました。

      「気仙沼に消えた姉を追って」(生島淳 文芸春秋社 1300円)
       生島さんはスポーツ関係のジャーナリストで、有名らしい。出身は気仙沼だが、気仙沼を嫌って上京した。しかし、この津波で姉を失い、気仙沼とはいったい自分にとってどんな存在だったかを、自分の家族を通じて見直したのが、この本。気仙沼のことが良くわかるし、そこで生きた家族像が感動的だ。

       元気を出してくださいね。飲むヨーグルトの千葉さんのところも、電話してもいつも留守電です。前は女子従業員がいたのに、いなくなったみたい。バッティングセンターの話もはっきりしないし、元気がなくなっちゃったのかなあと、とても心配です。

       また行きます。会えるのを楽しみにしています。

      ほりやすお
      • by ほりやすお
      • 2014/03/24 10:56 PM
      こんにちは

       暖かくなってきました。23日に東京に行きましたが、寒いなあと、手袋をして駅まで行きましたが、昨日は、なんと木蓮が白くつぼみを持ち、今日は満開の木もありました。春は突然来るのですね。
       希望の春がやってくる
       希望とともにやってくる!

       だから、希望をなくさないように、頑張ろう!俺!ですね。 ほりやすお
      • by ほりやすお
      • 2014/03/25 8:40 PM
      堀さん、ご投稿ありがとうございます。

      ぬるむ陽に 戸惑い残す 春の風

      冬から春への 急旋回。
      日中は ほんとうに暖かくなってきましたね。

       
      その節は 
      お立ち寄りいただき、まことにありがとうございました。

      ご心配いただき、ありがとうございます。
      たいへん厳しい冬の日々でしたが、なんとか元気にやっております。
       
      生島淳さんの本を読まれたのですね。

      残念ながら まだ読んでいないので、
      内容については、マスコミで紹介された程度しか知らないのですが、
      よい本のようですね。
       
      生島淳さんや生島ヒロシさんの実家は、
      被災前の当店から数十メートルのところにありました。
      ただ、歳が違うため、
      残念ながら どちらとも面識はありません。

      A(^ ^;
       

      先日、近くを通ったのですが、
      千葉さんのバッティングセンターは、かなり形になっています。
      ただ、現場作業員不足のため 完成まで もう少しかかりそうですね。
      (^ ^;
       

      ご存知のとおり
      地盤嵩上げの土木工事は 土煙をあげて動きはじめました。

      また 山手の郊外では
      「余力ある」被災住民の住宅再建も進んでいます。

      ただ 
      うちのような「余力のない」被災住民の春は
      まだ先のようです

      A( ̄へ ̄;
       

      それでも

      がんばろう 俺!

      で 頑張ります♪

      o(´∀`;o
       
      • by 店長S
      • 2014/03/26 6:50 PM
       
      忘れてました。(´∀`;

      ほりさんへ

      とりあえず お知らせです。


      いまご覧になっているショップブログのページは

      2012年3月の記事へのコメント一覧ページになります。
       
      ページ上部にある「TOP」か、ブログタイトルのリンクから

      当ショップブログのトップページへお越しくださいませ。
       
      ほとんど更新していないことに そんなに変わりありませんが、
      A(´∀`; 

      更新した時に 気づいていただけると思います。

      よろしくお願いいたします。

      m(^ ^)m
       

      • by 店長S
      • 2014/03/27 12:07 PM
      コメントする